トップページ

 

人の未来やこれから進むべき道を示してくれる「占い」。新聞や週刊誌におまけ程度に載っている週間占いや血液型占いなど、占いと一口に言ってもその種類は様々で、それぞれが特徴的なスタイルを持っています。どちらかと言うと男性よりも女性のほうが占いに興味がある方が多いと思いますが、男女の仲ともなればお互いの相性が気になって「相性占い」に手を出す男性も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?さて、占いには実に多くの種類と独自のスタイルがありますが、その中でもポップなキャラクター達と特徴的な占い方で有名な「動物占い」があります。動物占いは一時期ニュースなどでも取り上げられるほどのブームだったので、知らないという方は少ないでしょう。平成11年に一大ブームを巻き起こした動物占いですが、その占いのスタイルは、まず生まれた年と月日という実に単純な要素をベースにし、そこから出される性格を動物に当てはめて(例えて)占うというものです。動物占いで使われているかわいらしい動物キャラクター達は漫画家である玖保キリコさんの手によって手がけられ、動物占い流行の一因には、久保キリコさんが手がけたキュートでポップな動物キャラクター達のお陰とも言えるでしょう。当サイトでは、占いとしてその名を知らないものはいない、と言われるほど有名な、かつ誰でも簡単にできる動物占いについて紹介・解説しています。また動物占いだけでなく、男女の仲を占い相性占いについても少しながら紹介していますので、興味のある方は是非覗いてみてください。

オリエンタル占いをベースにした動物占い

動物占いの誕生の経緯について少しご紹介しましょう。そもそも動物占いとは、東洋の占いである陰陽道をベースにした易(道端で細い棒状の竹を使ってジャラジャラ占っているアレです)や四柱推命で象徴されている事象を占いブームで広く普及した血液型占い・相性占いなどにあやかることで派生した歴史の浅い占いです。人間の性質について深く触れるわけではなく、むしろ占いという思い雰囲気とはうってかわってかわいらしいポップな動物キャラクターを用いることで若い女性を中心として一気に巷へと広がりました。と言っても動物占いでも新旧があり、古いものは旧動物占いと呼び新しいものはアニマル占いと呼称されています。(と言ってもどちらも特に差はなく、むしろ同じ扱いでいいのでは?と管理人は思っています。)干支と同じ数だけの動物(12種)を使って占う動物占いは、この12種をさらに4種類にカテゴライズし、各カテゴリと各動物の特徴・鑑定を覚えるだけで誰でも占うことができる手軽さも相まって、今でも人気の高い占いとして残っています。

check

処方箋・消費税不要でコンタクトレンズを安く簡単に購入できる通販サイト。

遠近両用コンタクトレンズの販売サイト

冷え取りソックスであたたか

スーツケース専門店

オリジナルTシャツの作成